天を相手に、志を力に

徒然なる想い、体験を綴るブログ
<   2017年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧
ラマダンと渋滞
 ジャカルタの渋滞は朝と夕方、夕方は18時~20時が特に酷いという実感ですが、ラマダンによって渋滞も1時間程前倒しになっているようです。なぜなら、昼ご飯を食べないため、企業も政府機関もムスリムの方は昼休み短縮で働き、早めに退社しているそうです。同僚も昼休みを短くし、普段よりも30分短く退社しています。帰りのラッシュは17時~18時のようですね。

 ラマダン、社会の様々な面に影響を及ぼしています。

[PR]
by kota714 | 2017-05-31 15:46 | 全体 | Comments(0)
ラマダンと食事
 インドネシアはラマダン中です。ムスリムの人は、朝の日の出前に食事を済ませて、夕方の日没まで、飲食をしない生活をしています。ムスリムの同僚曰く、飲食できないことも大変だが、朝早いから眠くなるのも大変ということでした。夕方5時半過ぎになると、断食が終わりましたというアナウンスがテレビやラジオであって、一斉に皆、飲み物や食べ物を口にしています。その時の安堵した顔がなんともいい顔です。
 
 断食を通じて貧者への連帯感を高めるという宗教行事ですが、その意義はあるなぁと隣で見ていて思います。来年は一緒にやってみようかな。

[PR]
by kota714 | 2017-05-30 15:42 | ごはん | Comments(0)
机の状況と仕事
 数年前から仕事場の机には最小限のものにしか置かなくなりました。カレンダー、筆記用具のみで書類は帰宅時にすべてしまうということにしています。机がすっきりしていると気分もすっきりして仕事にいい影響が出るし、仕事を引き継ぐ際にも常に書類が整理されていれば引継ぎを準備することもなくなります。

 でも、人によっては机にある程度の書類の山がないと落ち着かいない人もいるようですね。同僚にも机に書類が溢れている人がいます。必要だから置いているというよりも、落ち着くから、という理由からでしょう。

 机のあり方、十人十色ですが、自分は引き続き最低限のものしか置かないというスタイルを維持していこうと思います。

[PR]
by kota714 | 2017-05-29 15:39 | 全体 | Comments(0)
都議会選挙
 告示まで一カ月切った東京都議会選挙。話題は、小池知事率いる「都民ファーストの会」がどこまで躍進するかという点でしょうか。選挙における争点は何でしょうか。自分としては、2020年のオリンピックよりもそのオリンピックの後に深刻化する東京の高齢化への対処、そして東京と他自治体との役割分担について争点にしてほしいと思います。世論の風によって「都民ファーストの会」は躍進しそうですが、奢らずに、その理念にそって都民のための政策を追求してほしいと思います。そして、小池知事頼みではない政党になることができれば、国政への進出も見えてくるのではないでしょうか。
[PR]
by kota714 | 2017-05-28 15:19 | 政治 | Comments(0)
『月のしずく』
 『月のしずく』(浅田次郎、文藝春秋、2000年)を読みました。人生において様々な挫折や苦難に遭いながら実直に生きようとする人々の姿を描いた短編小説でした。大学生の頃は、努力しない人間はよくない、失敗しても再挑戦しないとダメだというような偏狭な考えを持っていましたが、時を重ねるごとに、どうしようもない事情で貧しさや悲しみに覆われている人もいることを理解し、そしてその人たちに寄り添うことの大事さを学んだ気がします。

 仕事でも、仕事をしなかったり怠ける人に対して激しい反発を20代の頃を抱いていましたが、今は、仕事として公平に指摘しあいつつも、仕事は仕事、その人の人柄は人柄と分けて考えることができるようになりました。

 歳をとるにつれて、主張をまげたり甘くする必要はありませんが、他者への思いやりは育てていかなくては、そんな思いを抱かせる本でした。でも、決して説教を受けているような感覚になる本ではないのでご安心を。

[PR]
by kota714 | 2017-05-27 18:10 | | Comments(0)
ラマダンへ
 インドネシアでは明日からラマダン、断食月となります。ラマダンの開始日は月の満ち欠けを踏まえて宗教省や宗教団体が開始前日に宣言するので、前日までいつ始まるか決定しません。そして、今日の夕方、明日からラマダンですという宣言がなされました。日が昇ってから日没まで飲食をしないことで貧者等に寄り添う心を涵養するこの宗教行事。ラマダンを通じて家族や社会の連帯感が高まるそうです。ムスリムじゃないので断食は厳しいですが、断酒はしてムスリムの人々に少しでも寄り添いたいと思います。
[PR]
by kota714 | 2017-05-26 17:58 | 全体 | Comments(0)
『インドネシア 多民族国家の模索』
 『インドネシア 多民族国家の模索』(小川忠、岩波新書、1993年)を読みました。だいぶ古い本でしたが、民主化以前のインドネシアにおける文化や日本との交流の状況がわかり、ためになりました。赴任して3か月半を経て感じることは、インドネシアは奥が深い!ということです。多民族という点では、300近い民族がおり、言語も文化も異なっています。人口は2億5千万を超え、宗教はムスリムが多いですが、キリスト教徒や仏教ともいます。国是は「多様性の中の統一」。個人的には、米国と同じぐらいの可能性と潜在性をもつ国だと思います。人口規模、民族と文化の多様性、そして寛容な社会、この国がうまくいけば世界の範になると感じています。そのために微力ながら貢献したい、そう思いながら日々働いています。

[PR]
by kota714 | 2017-05-25 17:51 | | Comments(0)
ジャカルタのテロ
 バリ出張からジャカルタの渋滞にもまれてようやく帰宅したら、ジャカルタでテロ発生という一報があり情報収集に追われました。ジャカルタでは16年1月に大きなテロがあって以降の事件となりました。今週末からラマダンが始まるので一層注意しないといけませんね。いつ何が起きても自分と仲間を守る準備を怠らないようにしないと。
[PR]
by kota714 | 2017-05-24 17:46 | 全体 | Comments(0)
バリ
 バリに来ています。遊びではなく出張です。仕事で遊んでいる暇はありませんが、周りのリゾート雰囲気は凄いですね。空港には外国人環境が溢れており、街中もうきうきした観光客だらけ。ハワイのように日本人は多くありませんが、それでも年間20万人以上の日本人が旅行に来ているそうです。一番多いのはオーストラリア人と中国人だそうです。

 次回は3泊ぐらいの旅程で遊びに来たいなと思いながら夜は出張の報告書を書いています。。。

[PR]
by kota714 | 2017-05-24 00:45 | | Comments(0)
テロの時代
 イギリスのマンチェスターで20名以上が犠牲となったテロが発生しました。先進国、途上国問わず、世界各地でテロが起きています。日本も他人事ではないと思っています。これほどの頻度と規模でテロが起きる時代は、過去にあったのでしょうか。

 国家同士の戦争から、国内の紛争や格差、貧困、そしてテロによって人命が失われる時代。だからこそ、人権、自由、民主主義といった言葉の中身を追求して考えて、そして社会を作っていく姿勢が大事なのだと思います。テロの時代、考え抜くことが大事です。

[PR]
by kota714 | 2017-05-23 00:45 | 全体 | Comments(0)


by kota714
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
2日連続
from Anything Story
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧