天を相手に、志を力に

徒然なる想い、体験を綴るブログ
<   2016年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧
U19日本代表、アジア制覇!
 U19サッカー日本代表が初のアジア制覇をしました。日本代表が奮わない中、嬉しいニュースですね。東京五輪の際に主力となる世代ですので、このままのびのび成長して、日本を世界の強豪にしていってほしい、そう願います。東京五輪のサッカー男子の試合、見に行きたいなぁ。
[PR]
by kota714 | 2016-10-31 22:02 | スポーツ | Comments(0)
スペイン語、いかがですか?
 会社の近くを歩いていると、スペイン語講座の勧誘チラシを配っているスペイン人と思われる女性に遭遇する時があります。

 その人の勧誘文句は、

 スペイン語、いかがですか?

 です。ちょっと滑稽ですよね。スペイン語会話、どうですか?スペイン語、習いませんか?ならしっくりきますが、「スペイン語、いかがですか?」というときゅうりかバナナでも叩き売っているような響きがあって笑えます。微笑ましい出来事でした。
[PR]
by kota714 | 2016-10-30 21:59 | 全体 | Comments(0)
今の政治課題は何か。
 日本の政治課題は何か、それは人口減少と高齢化、だと考えています。その結果、最も影響の出る社会保障制度をどうするか、この問いにまっすぐ答えている政治家は今のところいません。それはなぜか。医療、介護、子育て、年金という生活に密接に関係する社会保障制度に下手に手を出すと有権者の反発を受けることを恐れているからです。そして、じわじわとその制度の持続性は低下していっています。

 年金受給開始年齢の引き上げ、自己負担額の引き上げ等、国民の負担は避けて通れないことは誰しもが感じているはずです。でも、その対応はひたすら先送り。その結果、国民年金を払っていない人が4割前後も生じるという事態に至るのです。

 社会保障制度改革を掲げる政党、政治家が出てきた時に日本の政治は前に進む、そう考えています。
[PR]
by kota714 | 2016-10-29 22:17 | 政治 | Comments(0)
工作
 息子のために作っていた段ボールの飛行機、なんとか完成しました。不格好なところもありますが、それも手作りの味わいということで。色々な材料を眺めてあーだこーだと考えて工作をするのは楽しいですね。これで息子が喜んでくれたら言うことなし、です。問題は元気いっぱいの息子が使ってすぐに壊れないかという心配。ま、それでも楽しんでくれたらよしとしようと思っています。
[PR]
by kota714 | 2016-10-28 22:09 | 全体 | Comments(0)
冬将軍
 急に寒くなってきましたね。本格的な秋、そして冬将軍の足音が聞こえてきました。末端冷え症、寒がりとしては1年で一番厳しい季節が近づいてきました。まずは、電車の中ではマスクをして風邪予防。そして、限界まで我慢してから股引の登場、という対応を考えている今日この頃です。
[PR]
by kota714 | 2016-10-27 22:07 | 全体 | Comments(0)
めりはり
 最近、仕事が忙しくて残業が続いていましたが、今日はめりはりをつけるべく、早々に退社。生活でも仕事でもめりはりは大事ですね。もう一度仕事のやり方を見直して、毎日定時に帰宅できるよう頑張りたいです。
[PR]
by kota714 | 2016-10-26 22:06 | 全体 | Comments(0)
日本シリーズ
 野球への関心は高くないですが、今年の日本シリーズは盛り上がっていますね。男気で有名な黒田投手が引退を表明したことでさらに盛り上がっているようです。子供の頃、西武ライオンズのファンだったので、日本シリーズというとセリーグの代表と戦うんだと子どもながらにワクワクしたことを思い出します。
[PR]
by kota714 | 2016-10-25 22:04 | スポーツ | Comments(0)
北方領土交渉の行方
 12月の日ロ首脳会談で交渉が進展するか注目が高まってきた北方領土交渉。ロシア側への経済協力を前面に打ち出して譲歩を求める日本側の戦略がうまくいくのかどうか、注目です。ロシアは人口も減っており、資源はあるものの経済的な見通しは苦しいと言われています。拙速に成果を求めずに時間をかけて少しずつ前に進めるアプローチが大事だと思います。
[PR]
by kota714 | 2016-10-24 22:01 | 政治 | Comments(0)
『日本占領史 1945-9152 東京・ワシントン・沖縄』
 福永文夫氏の『日本占領史 1945-9152 東京・ワシントン・沖縄』(中公新書、2014年)を読みました。事実関係を中心とした描写でしたが、戦後、GHQが米国政府本国との軋轢を抱えながら日本の民主化に取り組んだこと、日本側も単に従うのではなく様々な試みをして戦後の改革を進めたこと等がよくわかり、勉強になりました。日本国憲法は押しつけだ!というような単純な主張ではなく、まずは歴史を学び、そのうえで具体的にはどう憲法を改正すべき、はたまた維持すべきかという議論が深まればいいですね。
[PR]
by kota714 | 2016-10-22 21:57 | | Comments(0)
電柱の地下化
 用事があってJR津田沼駅南口に広がる「奏の杜」という新興住宅地に行ってみました。ここは最近開発された一帯で、電柱が地下化されています。やっぱり風景がさっぱりして街路樹が空に映えますね。でも、電柱の地下化は景観以上のメリットはあるのでしょうか。地震対策や配電上の効率性等、メリットが多くなければ、日本全国に電柱が広がった今、地下化が徹底されるのは数百年後でしょうか。
[PR]
by kota714 | 2016-10-22 21:50 | 全体 | Comments(0)


by kota714
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
2日連続
from Anything Story
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧