天を相手に、志を力に

徒然なる想い、体験を綴るブログ
<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
『交渉人』を読みました。
 通勤や移動の合間時間をぬって、『交渉人』(五十嵐貴久)を読みました。すごい推理小説で、ここまで予想外の展開、そして犯人の想い、善悪つけがたい犯罪というものに度肝を抜かれました。単なるだいどんでん返しではなく、その返しに犯人の切なる想いがこもっていて、そう、こもっていて、なんとも言えない寂寥感でした。

 世の中には、単純に白黒はっきりつけられない犯罪、犯罪被害者が持つ想い等というものがありますね。

 推理小説にうなった日でした!仕事のヒントもあった!
[PR]
by kota714 | 2010-11-30 00:48 | | Comments(0)
米国へ
 来年夏から1年間、米国に留学に行きます。学びに行く分野は、行政学。学ぶ場所は、シラキュース大学行政大学院。ひさしぶりにいつもとは違うわくわく感があります。組織の名前でも、仕事でもなく、ただ自分の知的好奇心と自分そのもので勝負できることが一番うれしいですね、付いていけるかの不安はかなりありますが。

 いい準備をして、知的な刺激を受け、そして、米国というものを体感できる1年にしたいです!
[PR]
by kota714 | 2010-11-29 23:30 | 全体 | Comments(2)
えのきの肉巻き
 実家に帰ってご飯を頂きました。おふくろの飯で大好きなのは、えのきの肉巻き。えのきを豚バラ肉で巻いて、醤油とかで味付けて焼くシンプルな料理ですが、美味!なのです。えのきの食感と豚のうまみがハーモニー♪

 実家に帰るといつもお願いしてしまう料理です。母上、この味は売れますぜ!そしていつまでも作ってつかーさい!
[PR]
by kota714 | 2010-11-28 23:05 | ごはん | Comments(0)
韓国料理であったまりました。
 兄貴家族が三鷹に寄ったので一緒に韓国料理へ行きました。ユッケジャンクッパをはふはふ言いながら食らい、昼からビール、さ、最高!韓国料理のうまみが詰まった辛さに体がぽっかぽか。

 兄貴家族を見送って家に帰ると、体の奥からこみ上げる温かさで気持ち良くなって、そのまま昼寝しちゃいました。のんびりしまくりの土曜、幸せです。
[PR]
by kota714 | 2010-11-27 22:58 | ごはん | Comments(0)
若手、後輩の指導
 人事の中堅職員研修を受けました。すでに8年目、若手というよりも中堅。建設的な意見を言うこと、上司を支え、後輩を指導することについて、色々と学びました。この間の出張で話した人からも、「熱い想いはわかったけど、それを広げるために若手を育てろ!」と言われました。

 よっしゃと思い、今日は課の送別会で若手に色々語りました。はっ!居酒屋で若手に語る、これって既におっさんでは?中堅ではなく。。。。む、むずかしいなー
[PR]
by kota714 | 2010-11-26 12:15 | 全体 | Comments(0)
だんどり、イメージの共有
 来週末から出張なのでその準備をしています。すっかり皆でイメージとだんどりを共有していたと思っていたところ、今日になってだいどんでん返し、そしてそのリカバリーのために残業。。。。

 だんどりには自信が持っていましたが、今回はうまくいきませんでした。失敗を糧に、謙虚な気持ちを持って、仕事を一緒にしてくれる仲間を思いやって、そして、何より仕事の届く先を常に思って、明日からまた精進します。

 でも、もっと早く指摘がほしかったなぁ。。。いかん、愚痴だ!精進、精進、精進:)

 
[PR]
by kota714 | 2010-11-25 00:18 | 全体 | Comments(0)
胆力のある外交を
 北朝鮮による砲撃のニュースには驚きましたが、このニュースに対してただ慌てたり、表面的なことしか言わない政治家、評論家、ジャーナリストにはうんざりしますね。

 隣国が戦争状態になる可能性がある国として、短期、中期、長期的にどういう風に臨みたいのか、という視座を持って今回の問題を受けとめ、即応すべきではないか、と思っちゃいます。

 長期(20~30年)としては、北東アジアの軍事的緊張(朝鮮半島、台湾問題、領海問題)を全て解消し、軍縮することを目指して、非核化、軍縮、集団安保体制を追求していくこと

 中期的(5年~20年)としては、北朝鮮の軟着陸的体制崩壊と朝鮮半島統一への道筋づくり、台湾と中国との経済・文化・政治交流による2制度化の下地作り、そして6カ国協議を北東アジア安保体制(仮)の協議につなげていくこと。

 短期としては、北朝鮮への制裁と非核化の硬軟取りいれた促進、軍縮の議論の開始、海底資源の共同開発、領有問題のある地域の整理を目指すこと

 胆力のある外交を待っています。というか、素人でも色々考えるのに、なぜ外交のプロである外務省から、国のビジョンを示す政治家から、大きな方向性が示されないのでしょうか?と、とりあえず、外交青書でも読んでみます。。。単なる勉強不足かもしれませんし。。。
[PR]
by kota714 | 2010-11-24 23:53 | 政治 | Comments(0)
『永遠のゼロ』に胸が熱くなりました。
 百田尚樹氏の『永遠のゼロ』を読みました。帝国海軍の飛行機乗りでありながら、最後の最後まで愛する妻と子供のために死なないことを目指した男が特攻を命ぜられた時に取った行動に目頭が熱くなりました。

 秋に鹿児島は知覧にある特攻隊資料館に行ったこともあり、どうしようもない状況で、家族や恋人といった愛する人を守るために、様々な感情を押し殺して散った人々の思い、思いつめてたどり着いた考えに、ただただ心が澄み渡る思いでした。

 こんな事態を招いた当時の政治家、軍人、マスコミ、そしてそれらを支えた盲目的な国民、すべてに責任と罪があり、戦後の日本で生きている我々もあの戦争とその意味を自分なりに考え、語られるようにならないといけない。それは戦後の平和な日本を祈って死んでいった特攻隊、戦後、死ぬ思いで日本を復興した先人たちに対する礼儀です。

 そんな感動が広がった本でした。いい本を読みました。
[PR]
by kota714 | 2010-11-23 20:54 | | Comments(0)
『人口負荷社会』
 これからの日本の経済社会を考えるうえで最大のポイントは人口問題、つまり少子高齢社会の今後、だと思い、人口問題を学んでいます。

 小峰隆夫氏の『人口負荷社会』は秀逸な本でした。

 キーワードは、「人口動向はかなり確実に未来の経済社会の姿を示す」「日本は人口が経済社会の負荷となっている状態」「少子高齢社会による社会保障費の増大、経済の低迷といった問題を解決するには2つの手段あり。1つは、人口の頭数を増やすため移民を受け入れるか出生率を高める(後者は20年ちかく要する)。もう1つは、頭数が減るなら、1人当たりの生産性を増やすこと、もしくは女性や高齢者の就業率を高めること」「人口問題を解決するためには、各世代が自立して、国全体がどういう形、どの規模の人口であるべきかを考える必要あり」「このままでは、投票の割合の高い高齢者に有利な政策が乱発され、いつまでも少子高齢社会は変化しない」等。
 
 とても勉強になりました。氏の本をさらに読んでみたいです。

 そして、こども手当という政策的効果が定かではない政策を掲げる民主党の社会保障政策に暗澹たる思いになりました。。。
 
[PR]
by kota714 | 2010-11-22 11:10 | | Comments(0)
睡眠、温泉、生ビールで完全疲労回復!
 昨日の整体で体がほぐれたせいか、どっと疲れが出て昼ごはんをまたいで3時ぐらいまで寝続けました。このままだと寝すぎて体のリズムが悪くなる、と思い、必死の思いで布団を出て、長距離散歩へ。1時間以上歩きまわってから、温泉「テルメ小川」へ。

 ざぶんと湯につかり、ぼけーっとして、湯上りにリンパマッサージで老廃物を出して。。。あぁ幸せ。疲れが出て、体に力が湧いてきます。そして、最後はもちろん生ビール。プレミナムモルツの生をごくごくごく、、、あぁ最高!生ビールの飲めない環境にいる方すいません!&そしてその分、不肖私がしっかり堪能しました、その喉越しを、その味を、その爽快さを!

 明日は埼玉の大学だ!次は関東の大学を回る予定です。そして、来月は現地に出張。がんばるぞー!
[PR]
by kota714 | 2010-11-21 22:57 | 全体 | Comments(0)


by kota714
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
全体
ごはん

スポーツ
政治

映画
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
2日連続
from Anything Story
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧