天を相手に、志を力に

徒然なる想い、体験を綴るブログ
森友学園問題
 森友学園に関する疑惑が注目されています。政権5年目の緩みなのか、単に権力にすり寄ろうした人間の不始末なのか、真相はわかりませんが、早期に事実確認をして決着をつけてほしいものです。不正があったならば徹底的に追及すべきですが、この問題に終始して政治が前に進まないということも大きな問題です。

 現政権が発足して4年が経過し、前政権よりはましという評価で続いてきたと批判されていますが、そろそろ4年間の具体的な成果が求められていると思います。疑惑の解明も大事ですが、4年間の成果についてこそ、野党が追及すべきテーマです。

 自分としては、財政再建、社会保障改革、行政改革といったテーマは不十分、外交は経済外交を除いて合格点という評価をしています。一番の課題は、経済成長を追い求めるのではない日本社会のあり方をまったく提示できていないことです。低成長、またはゼロ成長、そして人口の減少を前提としてどういう日本社会を目指すべきなのか、この点が明確にならないと、将来不安は解消されず、徐々に衰退していく道をたどるのではないでしょうか。今こそ、50年後、100年後の日本社会のあり方を議論していくべきです。

 森友学園の疑惑も大事ですが、国の将来像を議論する国会であってほしいですね。

[PR]
by kota714 | 2017-03-21 13:24 | 政治 | Comments(0)
<< 前向きに楽しむ 車の納車 >>


by kota714
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
2日連続
from Anything Story
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧