天を相手に、志を力に

徒然なる想い、体験を綴るブログ
解散の大義は何処に
 報道によると、衆議院解散の流れが強まっているようです。しかし、解散する大義はあるのでしょうか。極めて疑問ですね。消費増税の判断が大儀だというような向きもありますが、根拠法には附則で経済状況を見て調整するという文言があるため、17日に発表予定のGDP速報値が悪ければ、附則に基づいて法律を変更するということは規定路線ともいえます。

 この時期の解散は、長期政権を目指すため、政治とカネの問題に終止符を打つためといった政局的な要素が強いように思います。

 解散せずに山積する政治課題に取り組むことを願います。
[PR]
by kota714 | 2014-11-12 23:27 | 政治 | Comments(0)
<< 選挙の予想 『LEAN IN 女性、仕事、... >>


by kota714
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
2日連続
from Anything Story
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧